オンライン英会話のレアジョブなら始めるのに年齢が遅すぎることはない

オンライン英会話のレアジョブなら始めるのに年齢が遅すぎることはない

Posted on Posted in レアジョブ英会話 実践コラム

英語学習を始めるにあたり、年齢が高すぎて自信が無い人もいるかと思いますが、年齢は全く関係ありません。また、年代に合わせた勉強方法もありますので、年齢を理由に諦めることはせずに、一度挑戦してみてください。英語を学ぶことで新しい未来が待っているでしょう。

また、子どもの頃から英語に触れさせていくことも教育において良い影響が多いです。英語への苦手意識をもたずに、ゲームなどを通じて英語が楽しいものという認識を持たせることで、小学校以降の英語の授業でも苦手意識を持たずにコミュニケーションを楽しむことができるでしょう。

年代別英会話の取り組み方

現在の日本において、英語が喋れない人はやはり会社の中でも不利に働くことがありえます。今後国際化を進めるにあたり、英語が使えることは仕事をするうえで当然のスキルとして認識されるようになるでしょう。また、日本にいる外国人への対応需要も多く、英語を話せることは大きな強みになることは間違いありません。

このごろは小学校でも英語の授業が行われる様になっています。やはり小さいころから英語に接しておく機会を作っておくと、英語に対する拒否反応が少なくなりますし、異文化への関心ももつことができるような国際的な感覚を持つことができるようになります。

小学生の子供に対する英語学習の取り組みですが、英会話を学ぶことも重要ですが、それよりも大切なのは国語の能力をしっかりと身につけることです。バイリンガルやトリリンガルといった多言語を話すことができるようになるには、しっかりとした母国語のベースがないと、外国語の習得も遅くなりますし、本人のアイデンティティにも影響しますので、まずは母国語をしっかりと学んだ上で英語を教えるという風にした方が良いでしょう。

中学生、高校生になると、ある程度学問として英語を学ぶ始まりになりますが、日本人として、最低限の英会話の能力が身につくような学習方法が、これからは必要になってきます。つまり、自己紹介をしたり、生活に必要な会話を覚えることです。ここでも大事なのは、英語を嫌いにならない事です。教科として英語を学ぶとどうしても詰め込み式の英語学習になってしまったり、点数を取るためのものという認識になってしまいがちです。本来英語はコミュニケーションツールなので、相手と意思疎通できる楽しさや、異文化コミュニケーションを通じて自分自身成長できるような存在であるべきです。レアジョブ英会話は、楽しく学ぶことに重点を置いていますので、英語が楽しみながら学ぶには最適のサービスです。英語が楽しいと思えるようになれば、自然と語彙や文法はできるようになってきますので、まずは英語を楽しめるような環境を作れるようにしましょう。

社会人以降で英語を勉強する人も多いです。会社の人事考課にも英語が話せるかどうかは影響するでしょうし、将来的に海外展開をしていくような人材が必要な会社や部署であれば、英語が話せるとなると、ステップアップの可能性も大きくなってきます。社会人の場合、仕事があるので、英語学習に時間をとることが難しい人も多いでしょうが、レアジョブ英会話は、時間の融通がつきますし、自宅で学習することができますので、今まで英語を学びたくても学べなかった人達も英語が学べるようになりました。社会人だけでなく、育児で忙しい主婦に人や、田舎に住んでいて近くに英会話教室が無いような人でも、オンライン英会話を活用することで、場所、時間に関係なく英語学習することができます。

年齢が高いことは英語学習のメリットにもなります

一般的に年齢が高いことは英語学習に不利に思えるかもしれません。確かに記憶力だけであれば若い方が有利に働くでしょう。しかし、英語はあくまでも手段であり、英語を使って何をしたいかというのが大事で、年齢が高い方が明確な目的があって英語学習に取り組んでいることが多いので、成長も早い人が多いです。いかに真剣に英語に向き合えるかが大事なので、年齢が高くても、英語が習得できないという事はありません。

他の言語でもそうですが、語学は母国語をしっかりと勉強している方が他の言語を覚えるのも成長が早いです。そういった意味では、年齢が高い人の方が母国語のベースがしっかりしているので英語学習に向いているといえるでしょう。

あとは、学習、練習、実践のラーニングサイクルを回していけば、自然と英語は身につきます。1人でラーニングサイクルを回すのが難しい場合は、レアジョブのあんしんパッケージに加入することで、カウンセラーが英語学習や目標設定のサポートをしてくれますので心強いです。年齢が高い人は、仕事や家庭でも忙しいと思いますので、1人で解決できないようなことは、カウンセラーと相談して解決方法を探すほうが効率も良く、英語習得の近道といえるでしょう。

生涯学習としての英語学習

生涯学習としても英語は良い教材となります。今では定年退職後に英語を勉強する人も多いです。会社員時代はどうしても長期休みを取ることができない人が多く、外国へ行くような余裕がない人も多いですが、退職した後は時間に余裕が出てくる人も多いので、英語を使って海外旅行などを行うことができます。時間に余裕があるので、しっかりとインプットの時間を取ることができますし、英語を習得することで、新しい交友関係や価値観が広がることも英語学習の楽しみといえます。

語学は頭の体操にもなりますし、相手とのコミュニケーションをとることで、良い刺激を受けることが多いようです。レアジョブの講師はフィリピン人が多く、ホスピタリティに溢れた講師ばかりですので、丁寧に理解できるまで何度でも教えてくれます。今まで英語に触れてこなかったような人でも、1から勉強しなおすことで、ある程度英語が話せるようになることは十分可能ですし、多くの年配の方がオンライン英会話で英語を勉強して、海外旅行などを楽しんでいます。

パソコンが苦手という人もいるかもしれませんが、レアジョブ英会話は、インターネット環境があれば、あとはレッスンを選択してテレビ電話でやり取りをするだけなので、難しい操作はなく、誰でも簡単に利用ができます。

まとめ

英語を学習するのに年齢が高すぎるということはありません。母国語のベースがしっかりとしており、時間に余裕がある人の方が、実際に学生時代から勉強している人よりも上手になる人も多いので、大切なのは目標設定と定期的な確認を行い、ラーニングサイクルを回していくことです。

自分の意見を英語で伝えることができれば、世界中で英語を使って多くの人とコミュニケーションがとれますし、日本に訪問される外国人にも日本の素晴らしさや交流ができるようになるでしょう。

自分が英語を使って海外旅行を楽しんでいる姿や、仕事の中で英語のやり取りをしている姿を想像して、モチベーションを保ち、楽しく英語学習を進めていってほしいです。1人では長続きしない英語学習も、レアジョブのあんしんパッケージでは、カウンセラーがサポートしてくれるので、英語が無理なく誰でも継続して学習できる体制になっています。

こちらの記事もどうぞ