オンライン英会話のレアジョブで英語が話せるようになる仕組み

オンライン英会話のレアジョブで英語が話せるようになる仕組み

Posted on Posted in レアジョブ英会話 実践コラム

英語は誰でもマスターすることができる技能です。しかし誰でもマスターすることができるにもかかわらず、実際にマスターしている人は少ないというのはどういうことでしょうか。

それは習得するまでの反復練習が何よりも大切で、継続する力と根気が必要だからです。英語学習には正しい学習方法を身につけて、それを習慣化することができないと途中で挫折してしまったり、成長が感じられなかったりするので、結局辞めてしまうことになります。英語学習の目的は人それぞれですが、自分の目標を達成する喜びを英語学習で感じてほしいと思います。

どうすれば英語が本当に話せるようになるのか

英語を学ぶにあたり、「学習」と「習得」を意識してほしいです。そうすることで英語が本当に話すことができるようになりますし、成長も早くなります。

「学習」とは、理解するということです。学習で大切なポイントは、反復練習であったり、テストでの傾向と対策を理解して、効率よく学習を進めることです。テストの点数を取るためには学習をすることが大切ですが、実際に英語を使って何かをしようと思ったときには習得することが大切です。

「習得」とは、できるということです。コミュニケーションの手段として英語を使うためにはできるようになる必要があります。そのためには、英語にたくさん触れて、たくさん使う機会が不可欠です。頭で考えなくても英語が口から自然とでるようになるレベルまでこれば、英語が習得できたといえるでしょう。

習得するには時間と学習にたいする根気が必要です。留学をすることで、英語を習得する人が多いのは、長時間英語に触れて、多くのコミュニケーションを取る機会を作ることができるので、英語が自然と習得できるようになります。日本国内で英語を学ぶ場合はどうしても時間が短く、インプット中心の学習方法になってしまうので、英語の習得まで達しない事が多いです。そんな時にオンライン英会話を活用して英語と触れる機会を増やし、アウトプットを行うことで、日本にいても英語習得が可能となるでしょう。

そして、この習得を効果的に進めるためには、ラーニングサイクルを循環させることが重要です。もちろん、単語を覚えたり、文法項目を整理する学習は必要不可欠な要素です。しかし、英語を習得するためには、学習したものを練習し、実践する場所を作らないと、習得したというレベルには達しないです。

ラーニングサイクルを意識しましょう

ラーニングサイクルとは、英語の習得を効率的に進めるために循環させるサイクルのことです。具体的にいうと、「学習」「練習」「実践」の3つのサイクルを循環させることで、英語を習得することが可能となります。

「学習」で大切なことは、英語を英語のままたくさんインプットすることです。そのためには、英語の教材を利用したり、普段から英語のラジオやテレビを聞いたり、英語の本を読んだりすることが効果的です。机に向かって集中してインプットを行う時間は英語習得の基本となりますので、日々の生活の中にそういった時間をとれるように工夫すると良いでしょう。

「練習」で大切なことは、繰り返しアウトプットすることです。英語は言語なので、インプットしているだけでは上達は難しいです。アウトプットする場所や機会を作り出すことが大切です。実際に使う相手がいない場合でも、一人で喋るだけでも練習としての効果はありますので、とにかくアウトプットを意識して練習をしてください。練習は学習を行った後なるべく時間を空けずに行うことが良いでしょう。そうすることで学習したものが忘れられずに脳に定着するので、使える英語となります。

「実践」で大切なことは、英語を自分の生活の中で使う機会を増やし、意識せずとも英語が出てくるような環境を作り出すことです。言語は机の上で学ぶことよりも、実践の現場を通じて学ぶことが多いです。また活きた言葉というのは、実際の会話の中で理解したり、習得することができますので、実際に覚えた言葉や、レッスンで学んだ言い回しを使ってみるという事が大切です。留学するとそのような実践の場が多いため英語が上達しやすいのですが、今はオンライン英会話があるので、上手に利用すれば、留学する必要がなく英語を習得することも十分可能です。

このようにラーニングサイクルを意識して、学習して練習したことを実践するというサイクルを回しいけば英語は自然と身につきます。今までは実践する場を作ることが難しかったですが、レアジョブを使って、オンラインでその環境を作り出すことが可能になったので、積極的に活用してください。1対1で相手の反応を見ながら会話をするということは何よりも英語の実践になるでしょう。

レアジョブの正しい使い方

レアジョブ英会話はオンライン英会話の大手として、気軽に英会話を勉強したい人から、ビジネスや試験などで英語を使いたい人にも人気のサービスです。

レアジョブには、今まで通学式の英会話教室とはくらべものにならないほど、気軽に英語を学ぶことができるような仕組みがあります。通学式の英会話教室だとグループレッスンが多いので自分の意見を言う場面は少ないですが、レアジョブはインターネットを通じたマンツーマンレッスンなので、自分の意見を述べる機会は多いです。

授業料が高いのも通学式の英会話教室の問題でした。オンライン英会話のレアジョブは、費用も低価格で、高レベルの授業が受けられます。講師は全てレアジョブの認定を受けたプロの教授法をマスターした人ですので、上手にレッスンをリードしてくれます。

通学の必要がないオンライン英会話は、自宅でレッスンを受けることができます。これは画期的なことで、今までは通学時間が確保できなかった会社員や、子育てで家から出ることのできないような主婦の方にもおすすめです。

レアジョブ英会話では、多くの受講者にとって効果が実感できるサービスを提供するため、レッスン、講師、教材の質をこれまで以上に高めています。レッスンでの悩みや、定期的なテストは、カウンセリングサービスやスピーキングテストといったレアジョブのサービス体制を利用することで対応しています。

英語を習得する上で大切な英語を実際に使う場所がレアジョブを使うことで作り出せますので、アウトプットの機会が多い分、英語の上達は早いでしょう。

まとめ

レアジョブでは学習し、練習して、実践するというラーニングサイクルを意識したレッスンを受けることで、効果的な英会話学習が可能となります。英語を使ってどうなりたいかという目標を明確にして、個別にカウンセリングなどを行い生徒のモチベーション維持もしています。

インプットを多くし、その後アウトプットの機会を探して実践することでラーニングサイクルを回しながら成長していくことができます。レアジョブの英会話レッスンを実践の場としてアウトプットを行うことで、自信もでるでしょうし、仕事などで使う際にも自信をもって英語を話すことができるでしょう。

英語が話せるようになると日本だけの価値観ではなく、幅広い価値観の人と意見交換ができるようになりますので、自分自身が成長できます。英語を単なるツールとして捉えずに、自己研鑽の手段としてほしいです。