アマンダさん レアジョブ英会話体験談レポート(評判・クチコミ)

アマンダさん レアジョブ英会話体験談レポート(評判・クチコミ)

評価:
Posted on Posted in レアジョブ英会話 体験レポート

自己紹介

・ニックネーム:アマンダ
・年齢:40代後半
・性別:女性  
英語のレベル:外資系企業に勤務経験あり、英語は中級
体験レッスン受講の動機:英語が上達しないまま、第3第4外国語を2年勉強し途中から苦手になった英語がさらにおろそかになってしまった為。また時々お仕事で海外へ電話することがあるので。

1回目の体験レッスン

体験レッスンの内容

1回目のレッスンは自動的にレベルチェックのようです。

先生からコールがきてsmall talkをしてからレベルチェックの手順を説明し、まず自己紹介、先生が先に自己紹介、その後自分の自己紹介、その後先生がいくつか質問しました。次はレベルチェックとのことで、先生が質問をするのでわからない時は1回だけもう一回言い直しできて、さらにわからない時はPass と言えば次へ進むと説明を受けレベルチェックに入りました。

質問は、好きな食べ物となぜ、日本の観光はどこを勧めるかまたなぜ?など6個あり、質問を聞き取りやすいように先生がゆっくり正確に質問してくれました。

質問は予習がなかったので一瞬焦りましたが質問1~5は何とか答えられました。最後の6つ目の
Do you think there is alien life in space or we are alone?
の質問は”Alian”の意味を”外国人の”か”地球圏外の”どちらの意味で言っているのか考えすぎて曖昧な返事はできないと思ったのでpassしました。

その後に先生がレベルチェックのスコアーを計算し、計算したところ、レアジョブではレベル8とのことで会議やディスカッションなどで使えるとのこと。またゴールはレベル10へもっていくとのこと。その後答えられなかった最後の意味を説明してレベルチェック終了し、続いて体験の生徒用のテキストでのレッスン内容は外国人の友人と一緒に日本食レストランへ行き日本食を外国人に説明するというシチュエーションです。
Lesson goal is Can explain Japanese food to foreigners.
〇〇は何でできているかをテキストを使って単語、役に立つ表現、会話のロールプレイで練習。またレッスンの最後に今日のスコアーと間違えた箇所の正しい文章、単語をスカイプのチャットボックスに送ってくれたので再度確認することができました。またレッスンレポートも届きました。

体験用のテキストは自分のレベルから始まり、レッスンのゴールが書いてあり、今日は何を目的に勉強するかがはっきりしていたので何となくテキストの本を練習してレッスンが終わったという気はなかったです。またレベルチェックの予約時に レベルチェックの流れがメールで届き、レッスンの際に先生より送られてきたスカイプのコンタクトIDにURLがあり、レッスン前にお読み下さいと。体験レッスンの流れ自己紹介に使われる実際の英語のひな型があったので。

また先生からもスカイプのチャットボックスに再度英語で自己紹介のひな型、流れがあり、3回自己紹介のひな型を読んだのでレッスン中スタックすることはなかったです。また初めての方でもおのずと予習できるので心の準備ができて良いと思いました。

体験レッスンの講師

ALF.Reyes 男性 国籍フィリピンレアジョブの先生歴6ヶ月

無料体験を登録しレベルチェックの時間を予約したところ、自動的に先生が決まりました。レアジョブのレベルチェックの流れ、システムが既にできているようなので、システムに沿って的確に自己紹介、レベルチェックが進みました。

21歳で見た目が若かったですが、話し方もしっかりしてまた落ち着いていて、HPの先生の自己紹介に大学での専攻が心理学科とあったのでそのせいか緊張を和らげてくれました。またラフな感じではなくポライトとフレンドリーとのバランスが良かったです。先生になりたてですが、続けて受けてみたいと思いました。

2回目の体験レッスン

体験レッスンの内容

体験生徒用のテキストを使って練習1回目のテキストの続きで外国人の友人と一緒に日本食レストランへ行き、正しい日本食の食べ方を外国人に教えるという内容を先生と交互にロールプレイ。

今回のLesson GoalはCan explain the proper way of eating sushi to foreigners.

日本食の食べ方を外国人に説明できるように。先生がゴールのセンテンスを読み、続いて読む。わからない事はないか聞かれ、Proper way の意味が不確かだったので質問、correct wayと教えてくれました。今回はお寿司の食べ方や実際に日本食レストランに行った時に考えられる会話や役に立つ表現、寿司の マグロ、ウニ、ネタの英語を練習しその後会話のロールプレイ。予約時に先生に対して文法や発音を間違えた時の指摘を“積極的に間違えを指摘してほしいを”選択したのでレッスン中に先生より”間違えは積極的に指摘してほしいのよね。”と確認あり。レッスン最後に復習としてproper way の意味を再度聞かれました。またその単語をスカイプのチャットボックスに書いて送ってくれました。

他にも英語のフレーズをきちんと理解しているか質問されました。ベテランの先生なので日本人の間違える箇所、わからない表現を把握しているので受講できて良かったと思いました。

体験レッスンの講師

次の日の予約をしようと先生を検索中、色々な先生のプロフィールを見ていているうちに予約しようと思った先生のレッスンがFULLになってしまい予約ができなかったので、さらに検索し、このところ20代の先生のレッスンを受けていたので今回は年齢の上の先生で母国語の訛りが少ない先生にしようと思って、また大学の専攻がジャーナリズム、レアジョブで4年10ヶ月で長く英語にたけていてベテランだと思ったので。

また体験レッスンで使うテキストを知らなく別のテキストのURLを送ってしまい、テキストを探している時も簡単な会話でつないでくれていましたが先生がレッスン中テキストを探していた時ロスタイムと考えてくれたようでレッスンを3分くらい延長してくれました。

ベテランの先生なので日本人が間違えやすい英語、わからない英語を把握しているようでした。またレッスンを受けたいと思いました。

レアジョブ英会話のユーザーページ

無料体験から有料会員のサイトへアップグレードがあるので無料体験の生徒と有料会員のHPが違う気がするのですが、最初の無料体験の登録を進めていくと途中、英会話習得の目的、目標とする英会話のレベルいつまでに達成したいか。おおよその目安、自分の英語のレベル、現在の英語を使うシチュエーション、TOEICの点数、自分の職業、趣味などを入力する項目がありました。

さらに進むと自動的にレベルチェック当日の空き時間が表示され選択し予約すると自動的に先生も予約され担当の先生が表示されるのでオンライン英会話やパソコンに慣れていない人でも間違えなく最初のレッスンを予約できると思いました。

ユーザーページのトップページは次に必要な項目のみ表示されているようでした。
レベルチェック予約後はレベルチェックで使用する教材が表示され、予習をしておきましょう、レッスン準備の教科書、レッスンで使われる表現集が表示されていました。
また右側に自分の現在のレベルと理解力、文法、発音のレベルが表示されてあり、次回のレベルまでのレッスン回数目安。 現在のレッスン回数、レッスン時間などが表示されていて自分のレベルが目標とするレベルの英語学習の目的、TOEICのスコアーなどが表示され、トップページを開く度に勉強しなくてはとモチベーションが高まりました。

レアジョブ英会話の通信状況

1回目のレッスンはビデオ通話 音声、先生の画像も良好、レッスン最後の頃、画像とが少し遅れたりこちらからの音声が先生に届くのに時差があった気がしますがレッスン自体には特に支障はなかったです。

2回目のレッスンは回線状況通音声レッスンの最初少しありましたが途中から回線よくなり、ビデオコールの画像も問題なし。

レアジョブ英会話の在籍講師

無料体験の生徒用でログインした際はフィリピン人の先生で大学卒業者でした。

無料体験の生徒では有料会員でユーザーページの機能が使えないものがあり、また有料会員へのアップデートという項目もあったので無料体験の生徒が有料会員の先生を予約できないのかのネットでは先生が4,000人以上とありましたが、1回目の当日予約で48人、2回目の次の日の予約で 45人の先生が空いていました。

今回カウンセリングも予約したのでカウンセラーに聞いたところ、やはり無料体験担当の先生と有料会委員の予約できる先生は違うとのことでした。無料体験は体験用の先生が担当だそうです。なので、レッスン中はとても慣れているようでした。(また別のHPでレアジョブを検索していたところ、同じ時間帯で800人の先生が空いていました。)有料会員になると絞り込も多くなり、先生の人数も通常の人数になるようです。

【まとめ】レアジョブ英会話を体験してみた感想

無料体験の生徒と有料会員の生徒のHPが違うので全部の先生を閲覧できたわけではないのですが、フィリピン大学の卒業生を多く採用しているようでした。

また先生とのレッスンの他にカウンセリグを平行しながら生徒の英語力を効率的に伸ばすよう工夫されています。

最初のレッスンもレベルチェックから始まるのでレアジョブサイドで生徒の現在のレベルを把握することができると思いました。またその後もメール、スカイプ、先生からと3回レベルチェックの流れ、自己紹介のひな型が届くので、25分のレッスン時間を有効に使えました。

先生も同じアジア人なので日本の学校教育に慣れている人なら違和感なく受講できると思いました。先生もレアジョブのシステムに沿って、レッスンを行っているので、生徒のレッスン時間を長くとるように自己紹介も必要以上に長く時間は取らないようです。また自己紹介の時間を短くしてほしい(名前の確認程度)と選択すれば 本当に名前だけの紹介でレッスンにはいるようです。

欧米の先生ですと、自己紹介なしでレッスンを入ると何となく個人を無視している気がしてレッスン中も最初は気まずい感じがする時がありますが、アジア人的感覚か、先生と生徒の立場の違いの感覚が日本とアジアが似ているのかテキストを使ってもレッスンをしているうちにお互いコミュニケーションがとれたのでほっとしました。

今回受けた先生2人ともコールの後「こちらの声が聞こえますか?」また「ビデオは見られますか?」と確認あり。テキストでレッスンする際もテキストは開いていますかと生徒の状況を確認してからレッスンに入ったのでお互い行き違いはなかったです。

レアジョブのレッスンは初級から始まる生徒さん多いと先生が言っていましたが、レアジョブはまだネイティブの先生とのマンツーマンのレッスンに不安がある人や、カウンセリング体制もしっかりしているのでいつまでに〇〇のレベルに達したいとか、目的をもって英語を習う人、勉強の方法がわからないなどカウンセリングを必要とする生徒さんに向いている気がします。

今回日本人のカウンセリングを受けましたが、登録時に入力したリストとレベルチェックとなぜ英語が必要かなどを話しながらカリキュラムやテキストをカウンセリングしてくれました。TOEICは結構昔に受けて710点だったのですが、私のレベルチェックの結果はレベル8で、TOEICが800点の生徒さんでもレベル6らしいので、このところの仕事で英語を使っていたせいか知らず知らずのうちに英語力が上がっていたようです。

今度はいつまでに〇〇点を取りたいなど、ゴールを決めて再度勉強したい気になりました。レアジョブのシステムに沿ってTOEICスコアーを伸ばせたらと思いました。