CKさんのレアジョブ英会話活用事例(評判・クチコミ)

CKさんのレアジョブ英会話活用事例(有料会員)

評価:
Posted on Posted in レアジョブ英会話 体験レポート

自己紹介

ニックネーム:CK
年齢:20代後半
性別:女性
職業:会社員
レアジョブ英会話歴:3ヶ月

レアジョブで英会話レッスンを始めた理由

私がレアジョブの英会話レッスンを始めた理由は2つあります。

1つ目は、英会話力の向上です。
海外旅行が趣味で、一人で旅行によく行くため、英語を使ってもっとたくさんの人と話ができるようになりたいと思い、レアジョブ英会話をはじめました。また、仕事でも会議やメールのやり取りなどで英語を使う機会が多く、もっとスムーズに英語を話せるようになりたいと思ったのもきっかけの一つです。

2つ目は、TOEIC対策のためです。
会社でTOEICの目標点が730点と定められており、テキストなどで自主学習をしていましたが、600点台で伸び悩んでいました。そこで新しい学習法を探していたときに、レアジョブ英会話を見つけました。会話力を伸ばすことができ、またTOEICにも効果がありそうだったため、安価で毎日英会話の授業を受けることのできるレアジョブ英会話をはじめました。

レアジョブでの目標設定

具体的な目標は以下の2つです。
1. 仕事で使えるレベルの英会話力をつけること
2. TOEIC730点以上を取得すること
  

私のレアジョブ活用例

利用しているレアジョブの教材

私が選んだことのある4つの教材についてご紹介します。

・日常会話教材

日常会話教材日常会話教材では、発音の練習やテーマに沿った新しい単語の学習、絵を見ながら簡単な文章を言う練習などを行います。レッスンの進め方は、基本的に、先生の後に続きテキストを読んでいくといったスタイルです。レッスンの最後だけ、ディスカッションで自由に会話する時間があります。

レアジョブの教材にはレベルがたくさんあり、迷ってしまったので、まずははじめのレベル分けテストでわかる自分のレベルにおすすめの教材を選びました。しかし、単語はほとんど知っているものが多く、内容もとても簡単に感じました。先生の質問はすべてテキストに書いてあり、日本語の補助もところどころに書いてあるため、聞き取りもとても簡単です。

その後、レベルを少しあげましたが、やはりもの足りなく感じ、こちらの教材は利用するのをやめてしまいました。私の場合はTOEICがもともと600点台で、ある程度文法や簡単な単語は理解できていたため、こちらのテキストは合わないように感じましたが、英会話初心者の方には発音の仕方やテーマに沿った簡単な単語から勉強できるのでとてもいい教材だと思います。

・Beginner’s Daily News

Beginner’s Daily News日常会話教材がもの足りなく感じる、とカウンセラーの方に相談したところ、こちらの教材を進められました。

Daily News Article(後で説明します)よりももう少し簡単な教材です。こちらの教材も、はじめにテーマに沿った単語とその発音の練習から始まります。日常会話教材と違う点は、3,4行程度の短い文章を読み、その下に書いてあるTrue or Falseに答えるというパートです。True or Falseには日本語の補助がついています。最後は、テーマに沿って、自分の意見を述べる練習もできます。

日常会話教材よりも自分で考える部分が多いので、自分で考えて話す練習ができます。出てくる単語自体はあまり難しくないので、文章を読んで答える練習をスムーズに繰り返すことができました。予習をしなくても、その場で読んでついていけるレベルでした。

・Daily News Article

Daily News Articleレアジョブ教材の中の人気教材の一つです。
Beginner’s News Articleで少しもの足りないな、と感じることがあったので、チャレンジしてみました。

この教材では、毎日一つのニュースの記事を読んで、先生とディスカッションをします。はじめは他の教材と同様に、今日のニュースの中にでてくる新しい単語を学習します。ニュース記事は5~6パラグラフにわかれており、読み応えがあります。レッスンの最後には、そのニュースの記事についていくつかの質問があるので、その質問に沿って先生とディスカッションを行います。

単語は知らない単語が多く、予習をしないで当日その場で読もうとすると、発音がわからないことや理解できないことがあります。しっかりと単語の予習さえすれば、毎回おもしろい内容の記事が多いため、読んでいてとても読み応えがあります。

また、予習をしていなくて分からない時や、予習をしていてもよくわからない単語や文章があったときは、先生に聞くと私が納得いくまで丁寧に解説してくれます。記事を読んだ後に先生と意見交換をするのもとてもおもしろかったです。

基本的に予習をしないとついていけないので、自然とレアジョブのレッスンの前に勉強をするようになりました。

・フリートーク

名前の通り、先生と自由に会話をするクラスです。

自己紹介の延長で世間話をしたり、先生がフリートークのテーマを決めてくれて、そのテーマについて自由に話したりします。話題に困った時も、先生が次の話題をすぐに振ってくれるので、沈黙が続いたりすることはありません。予習ができない時、息抜きをしたい時などに利用しています。

これまでに学習した表現を実践的に使う練習ができますが、フリートークばかりしていると自分の使いやすい同じ単語しか使わなくなってしまうので、他の教材を使って新しい単語や表現を学習して、その合間に利用するのがおすすめです。

現在、私はDaily News Articleとフリートークを繰り返す感じで利用しています。
私はTOEIC対策も目的の1つとしていますが、「英会話ができるようになること」をより重視しているため、TOEIC対策用の教材は使わず、英会話力を向上させながらTOEICの点数をアップさせることを目指しました。

レアジョブでのレッスン受講頻度

レアジョブでのレッスン受講頻度受講頻度はだいたい週に3~4日です。はじめは毎日やろう!と思っていましたが、仕事からの帰宅後に受講しているので、用事が入ると時間が取れなかったり、疲れているとパスしてしまったりするので、今では週に3~4日で定着しています。

長期連休中に旅行などに行く時はレッスンできないので、その前後は少し多めに受講するなどして自分で調整しています。自分のペースで授業量を調整できるのも、レアジョブ英会話のメリットだと思います。

レアジョブでの講師選び

レアジョブでの講師選びレアジョブは講師の数がとても多くて、だれを選べばいいのか迷ってしまいます。

私ははじめのうちは「人気順」で講師をしぼって、その時の感覚でなんとなく選んでいました。講師の自己紹介の音声を聞いて、訛りのチェックなどもできます。はじめは私もチェックしていましたが、ほとんど訛りがひどい人はいないので、最近では聞かずに講師を選んでいます。

また、回数を重ねてくると、だんだん自分に合った講師を見つけることができるようになります。私は単語や文法の間違いを積極的に指摘してくれる人がいいので、そのような講師を見つけたらお気に入りに登録し、なるべくお気に入り講師の中から予約するようにしています。

レアジョブのインターネットの接続状況

レアジョブはフィリピン人講師100%のため、フィリピンからのインターネットの接続状況について心配していました。しかし、接続状況はほとんど問題ありません。

稀に接続状況が悪い時がありますが、レッスン後に接続状況について評価することができ、接続状況が悪かった場合は再度レッスンを受講することができるチケットがもらえます。その日にもう一度受講することも、別の自分の都合がいい日に受講することもできるので、使い勝手がいいです。

レアジョブでの予習・復習

私はDaily News Articleを受講する日は30分前から予習をします。記事を一度ざっと読み、分からない単語を調べておきます。また、よくわからない文章を洗い出しておき、レッスン中に先生に確認するようにしています。

復習については、やらないといけないな、と思いつつも今のところ特に何もできていません。より定着させるためには、予習も復習も行った方が効果的だと思います。

レアジョブのスピーキングテスト

レアジョブのスピーキングテスト無料体験の一番はじめのクラスで、スピーキングテストを受講できます。それ以降は1回2,980円かかります。

安心パッケージを申し込んだ場合は、月980円払うことで、何度でもスピーキングテストを受けることができます。スピーキングテストでは、自己紹介をしたり、音読をしたり、画像について描写したりと、先生から指示が出されるので、それに対して答えていきます。

私はレベル4と判定され、自分で思っていたよりも低く、少しショックでした。私は一度しか受けていませんが、コンスタントに受けることで自分の英会話力が向上しているか、確認することができると思います。

レアジョブのカウンセリング

レアジョブのカウンセリング無料体験を受講中に利用しました。無料体験後は、月980円の安心パッケージに申し込むことで利用可能です。

英語の勉強方法などを相談すると、レアジョブを使った勉強以外にも、カウンセラーの方が実際に英語力をアップさせるために行った方法(英語の歌詞の翻訳をするといいよ、や、単語で覚えるのではなく、イディオムごと覚えた方がいいよ、など)のアドバイスをいただけました。

また、教材の選び方を相談した際も、今の私のレベルに合った教材をおすすめしてもらえました。私はカウンセリングを受けて、Daily News Articleという教材を知り、使い始めました。レベルに合った教材が合わない気がして悩んでいたので、相談できてよかったです。

レアジョブでの現在までの成果

1.英会話力の成果

レアジョブ英会話をはじめる前は、日常会話がなんとかできるくらいのレベルでした。レアジョブを3ヶ月程利用しており、飛躍的に英会話ができるようになった訳ではありませんが、英語に接する機会が多くなったため、会議などでも以前よりスムーズに英語が出てくるようになった気がします。引き続きレアジョブ英会話を続けて、もっとスラスラと話せるようになれるようがんばりたいです。

2.TOEICでの成果

レアジョブ英会話をはじめる前に受けたTOEICの最高得点は650点で、1年ほど600点台で伸び悩んでいました。

レアジョブでは、特にTOEIC対策の教材などは利用しませんでしたが、英語を話す頻度が増えてリスニング力が向上したのと、Daily News Articleの勉強で語彙力がアップしたためか、目標であったTOEIC730点を達成することができました。

TOEIC対策では、あまり実践的でない英語の勉強になってしまいがちですが、レアジョブで英会話を楽しみながら自然にTOEICの点数をあげられたのはとてもうれしいです。

レアジョブ活用事例 まとめ

私がレアジョブをおすすめする理由

レアジョブの一番のメリットは「安価であるため、続けやすい」という点です。英会話などの語学の勉強は、少しでも多く話す機会を増やすことが大切だと思います。私はまだ3ヶ月しか続けていませんが、すでに以前よりも会話する時に単語がでてきやすくなったな、と感じています。

レアジョブは、もっと英会話をできるようになりたい人にも、これから英会話を始めたい人にも、どちらにもおすすめです。レベル分けされた様々な教材が用意されているため、それぞれが自分にあった教材を見つけることができると思います。講師を選ぶ際には「初級者におすすめ」を選択することもでき、日本語を話せる先生もいるので、初めて英会話に挑戦する人も、あまり気負わずに始められるのではないでしょうか。

英会話力向上のために意識していること

私はDaily News Articleのレッスンを受ける際は、なるべくその日習った単語をその日のディスカッションで使うようにしています。新しく習った単語を実際に使うことで、どんどん自分に定着させていくことができると考えています。

また、自分で単語帳を作り、電車などの移動時間に眺めています。がむしゃらにがんばっているわけではないですが、毎日こうして少しずつ英語に触れる時間を増やすことで、TOEICの点数も上がったのではないかな、と思っています。

レアジョブで継続学習するコツ・学習管理法

英会話レッスンを続けるコツはずばり、「先に予約をとること」です。

当日予約をとろうと思っても、お気に入りの先生が予約でいっぱいだったり、なんとなく疲れてやる気がでなくてレッスンをパスしてしまったりします。そうなる前に、その日のレッスンが終わったら次のレッスンを予約して手帳に書くようにしています。

あらかじめ決めておくと、その日の仕事や予定を調整して、レッスンのために時間を空けることができるようになります。また、レッスンした日や内容を手帳に記録することで、私がんばっているな!と確認することができるのでモチベーションもアップします。

目標別レアジョブのおすすめレッスン

・英会話をはじめたい人 ⇒ 日常会話教材

簡単な単語や発音練習から学習できるため、はじめて英会話にチャレンジする人でも取り組みやすいと思います。

日本語のガイドもついているので、英語が全くの初心者の方でもテキストに沿って進めていくことができます。かなり細かくレベル分けされているので、自分にあったレベルを見つけることができます。絵を見ながら話すので、会話のイメージがわきやすいです。文法や発音などの教材を組み合わせて使うと、より効果的です。

レアジョブでは講師選択時に「初級者におすすめの先生」や「日本語が話せる先生」を選ぶことができるので、初めての人にもチャレンジしやすいと思います。

・もっと英会話力をアップさせたい人 ⇒ Daily News Article(Beginner’s News Article)&フリートーク

もう少し実践的な英会話にチャレンジしたい人には、Daily News Articleとフリートークの組み合わせがおすすめです。Daily News Articleが少し難しいと感じる人は、まずはBeginner’s News Articleからはじめるといいでしょう。

もっと話せるようになりたい人は、とにかくたくさん話す機会をもつことが大切だと思いますが、フリートークばかりでは自分の知っている単語しか使わなくなってしまうため、上記の教材を組み合わせて利用することがポイントです。

・とにかくTOEICの点数アップさせたい方 ⇒ TOEIC対策コース

レアジョブTOEIC対策コース私は日常会話のレッスンを通してTOEICの点数が上がりましたが、会話よりもまずはTOEICの点数を上げる必要がある方にはTOEIC対策コースがおすすめです。日常会話コースに+980円で利用できます。

TOEIC対策に特化しているので、TOEICによくでる単語や表現などを効率的に学ぶことができます。

・ビジネス英会話を身につけたい方 ⇒ ビジネス英会話コース

ビジネスシーンで必要な単語や、面接や会議で必要となるような会話を学ぶことができます。日常会話コースに+4000円で利用できます。

但し、私は初~中級者はまずは日常会話で十分だと思います。私も仕事で使うために、ビジネス英会話を利用しようか検討しましたが、カウンセラーの方に相談したところ、面接や会議などに特化したコースとなってしまうため、旅行などで使いたかったら日常会話からはじめたらどうか、と提案されました。

現在は日常会話コースを受講していますが、会議でも聞き取れることが増え、今までよりも単語もすらすらと出てくるようになっているので、日常会話コースでも十分に仕事で使える英語力を向上させることができていると思います。